背中ニキビのお悩み解消|使ってみて効果的だった方法

背中ニキビ改善の食生活とは

背中ニキビができてしまう要因の1つが、体の新陳代謝が低下していることです。

 

背中ニキビの原因って?正しいケアで綺麗な肌を取り戻そう

 

私たちの体は、老廃物が溜まればそれを除去して新しい細胞に作り変えるなどの働きがありますが、これが停滞してしまうとニキビなどができたりと、皮膚が荒れてきてしまうのです。

 

これを改善するためには、十分な量の水分補給が大事です。

 

水分量が足りない状態になると、血流の流れが低下して新陳代謝の効率が下がるのです。

 

これをキープするためにも、気にして水分を補給する習慣を続けることが大事です。

 

そして、もう一つはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類を十分に取ることが大事です。

 

ビタミンCはグレープフルーツやミカンなどの柑橘類から摂取する事ができ、ビタミンEはアーモンドやピーナツなどのナッツ類から補給できます。

 

このような十分なビタミン類を補給することが大事となりますが、今度は食品で補給する脂分が問題になります。

 

ビタミンEが補給できるナッツ類には、脂分が相当量含まれているため、あまりに多く摂取すると問題となります。

 

つまり、食事の偏りが要因となって体の代謝量が下がってしまう可能性があるため、足りない食材をうまく追加する考え方と、同じ食材を多く食べすぎるとバランスが悪くなるため、そのあたりを考慮する必要があります。

背中ニキビの治療には苦労がつきもの

 

自覚のない内に進行していたらしく、就寝中に痛みを感じ、気付いたときには私の背中ニキビはとても大きく、尚且つ炎症の激しい状態にありました。

 

背中に大きなできものがあり、痛みがあるとわかった時にはぎょっとしたものですが、苦労して鏡を見て確かめて、それが規模が大きいとはいえただの背中ニキビであると理解でき、今は少しほっとした気持ちでいます。

 

しかしニキビ特有の痛みは激しく、楽観視してばかりもいられません。

 

慌ててニキビの治療薬を購入して、現在は背中にきびに丁寧に慎重に塗布するという行為を続けています。

 

しかし背中というのは薬の塗りにくい部分で、ニキビの治療も上手く行えず手間取っています。

 

下着や服の下になる部分でもあるため、苦労して付けた薬もすぐに下着の方に付着してしまい、中々ピンポイントで治療することができずにいます。

 

背中ニキビに苦労しないためにも、今後は背中の様子にもよく気を付けておこうと思いました。

 

悪化するまでニキビを放っておくことのないように、今後はまめに保湿したり、逆に荒れの原因になるという石鹸の流し残しをしないように注意しながら、背中の皮膚の健康と真摯に向かい合っていこうと思っています。

 

とにもかくにも、まずは早急な治療ですね。

乾燥が原因の背中ニキビの治し方

 

背中ニキビの原因にも様々ありますが、乾燥が原因となり背中ニキビに繋がっているケースも少なくありません。

 

顔、腕、足などは手が届く部分ですからケアをしやすいですし、乾燥予防のために保湿クリームを塗って行う保湿ケアを行っている方は多いのですが、背中までは手が届かないということで背中の保湿ケアは省いてしまっている方がほとんどです。

 

乾燥によりお肌のコンディションが悪くなり、ニキビ菌が住みやすい環境が整ってしまう為に背中ニキビが発生し、白ニキビや中々治らない赤ニキビが出来てしまうのです。

 

赤ニキビの場合、じゅくじゅくと腫れ、痒みを伴います。

 

じゅくじゅくと腫れて痒みを伴う赤ニキビをいじくってしまう事で、赤ニキビが潰れてしまう事もあります。

 

そうなるとお肌が傷ついてしまい凸凹になってしまったり色素沈着として、くっきりと背中にニキビ跡が残ってしまうようになりますから、そうなる前に手を打ってあげなくてはなりません。

 

セルフケアが難しい場合は、背中ニキビを改善する為のエステを提供しているエステサロンに通い、プロによるチェックを受けて適切な施術を受ける事をおすすめします。

 

お肌のターンオーバーには1ヶ月ほど掛かりますから、1回の施術で完全に治ることはありませんが、数回通えば絶大な効果を実感出来るようになります。